• ホーム
  • カンジダかも?と思ったらおりものの症状をチェックしてみよう!

カンジダかも?と思ったらおりものの症状をチェックしてみよう!

女性を診る医者

性病に感染した時は様々な症状から病気を特定することができますが、女性がカンジダに感染したかもしれないと思う時はおりものの変化をチェックしてみることがおすすめだと言えます。女性のおりものは性病に感染した時や婦人科系の病気を発症した時に変化があらわれやすいものなので、これを確認することによってカンジダに感染しているかどうか知ることができるでしょう。特にカンジダの場合は特徴的な変化があらわれるので、具体的な特徴を知っておくことで、いざという時に病気に気づくことができるようにしておくと良いです。

カンジダを発症した場合はおりものが透明で比較的粘性の低いものから、白っぽくて固形状やクリーム状のものに変化します。色や形からカッテージチーズや酒粕、クリームチーズやヨーグルトと似ていると言われることが多く、白くてポロポロしたものやクリーム状のものはカンジダの影響を受けている可能性が高いです。稀に臭いまでチーズやヨーグルトの発酵臭がすると勘違いしている人もいるのですが、臭いはほとんど無臭であり、臭うとしても鼻を突くような刺激臭であることが多いと言えます。おりものにこのような変化があらわれた場合はカンジダに感染している恐れがあるので、検査を受けたり適切な治療を行ったりする必要があるでしょう。

おりものに変化があらわれる性病はカンジダだけではないので、いつもと色や形状、臭いなどが違うからと言って全てこの病気だと思ってはいけません。緑っぽい色や黄色っぽい色、魚の腐ったような臭いがする泡状のおりものはトリコモナスという病気の可能性が高いですし、単に分泌量が増えている時は他の性病や婦人科系の疾患である可能性が高いです。カンジダの場合は白くてポロポロとしていたりクリーム状だったりすることが多いので、このような特徴に当てはまる場合はこの感染症の可能性が高いと理解しておきましょう。

病気に感染しているかもしれないと思いつつ病院になかなか行くことができない人は多いですが、まずはおりものの状態から感染しているのかどうかセルフチェックで確認してみることがおすすめです。これによって感染している可能性が高いと判断されたのでされば、病院を受診したり治療薬を用いたりして症状が改善できるようにしてください。おりものの変化から素早くカンジダであることに気づき対処できれば、症状をひどく悪化させる前にしっかりと治療していくことができます。