患者と説明している医者

カンジダは年齢や性別に関係なく発症してしまう性病ですが、これは特に女性が再発しやすい病気として有名です。治療薬を用いて治療したとしても、些細なきっかけによって症状を繰り返しやすいので注意しておかなければなりません。女性が再発しやすい理由を知ることで、症状を繰り返すことを抑制することができるので、カンジダを発症したことがある人は理由を知っておくようにしてください。

そもそもカンジダは体内に存在している常在菌が原因で発症する病気だと言えますが、これは女性の膣内に存在していることが多いです。普段は身体に対して悪さをしないのですが、免疫力が低下している時やホルモンバランスが乱れている時などに細菌が異常増殖し、これによって性器のかゆみや痛みなどの症状が引き起こされます。抗真菌薬を用いることで症状を改善することができますが、原因菌はもともと体内に存在していてもおかしくないものなので、多少は体内に残っているまま治療が終了してしまうことが多いです。その結果、免疫力が低下した時に再び体内に残っている原因菌が体に悪さをするようになるので、症状を繰り返してしまいます。

女性は膣内や外陰部に症状を引き起こしやすく、治療したとしても体内に原因菌が多少残っていることがほとんどなので、カンジダ症を再発してしまう人が多いといえるでしょう。困った症状を引き起こすカンジダの再発を繰り返さないようにするためには、治療薬でしっかりと症状を改善することも大切ですが、日頃から免疫力を下げないような生活を心がけることが大切だと言えます。バランスのよい食事や定期的な運動習慣、適度な休息や睡眠時間の確保によって免疫力を高めることができるでしょう。

カンジダの再発を引き起こしてしまうと、つらい性器のかゆみや痛みに悩まされることになるので症状を繰り返さないように意識しておくことが大切です。生活習慣を見直すだけでも症状を引き起こしにくくなるので、現在の生活に問題だと感じる点がある場合は改善するようにしてください。免疫力を高めることができれば体内で常在菌が異常増殖し、身体に悪い影響を与えるという可能性が低くなるので、免疫力を高めることの大切さを知っておきましょう。女性でカンジダの再発を引き起こしやすい人は、いつの間にか免疫機能の働きが悪くなっているかもしれないので、生活習慣を見直して改善すべき点は直していくことができるようにしてください。